オススメしたい本『カイジ「命より重い!」お金の話』

この本を読もうと思ったきっかけは何と言ってもインパクトのある表紙でした。いわゆるジャケ買いです。真っ赤な表紙にデカデカと描かれたカイジの緊迫した表情、カイジ大好きな私はたまらず見つけた時には思わず手が伸びていました。

この本は福本伸行氏による大人気賭博漫画「カイジ」シリーズの主人公である伊藤カイジを反面教師として読者にお金の使い方、貯め方を説くという内容のものでした。この本に書いてあったのですが一般的なビジネス書ではお金の稼ぎ方や増やし方を説くものが多いそれらとはまた一味違うアプローチでお金の使い方についての話でとても興味深い内容でした。特に印象に残ったのは20代以上の日本人の七人に一人が消費者金融を利用したことがあり、そのほとんどがカードローンやリボ払いによるものだということでした。

この本を読んで自分とは無縁だと思っていた借金まみれの人がすごく身近に感じ、自分もそうなる危険性があることがわかりました。またそうならないためには世の中の借金の仕組みを知ったり自分でリスクについて考えることが必要であるということがわかりました。そしてカイジのように人生を棒に振らないようにしっかりと働き続けることの大切さを実感しました。