凡人にもスポットが当たるマンガ、ハイキュー。

週刊少年ジャンプにて連載中のマンガ、ハイキューをご存知でしょうか。
作者は古舘春一、彼自身も学生時代、バレーボールに取り組んでいました。
そんな元バレーボーラ―の視点で描かれる作品、それがハイキューです。
そして、ジャンプの代名詞と言えば「友情、努力、勝利」これに尽きます。ハイキューもジャンプの代名詞を青春部活ストーリーと言うジャンルで体現しています。
主人公の日向翔陽と影山飛雄、この超人コンビがチームの要となり高校バレーの頂点、「春高」を目指す物語です。
そして、物語の中で、超人コンビ以外の役にスポットが当たることもあります。しかし、大抵のスポーツマンガでは、レギュラーメンバー以外にスポットが当たることはあまり無いのではないでしょうか。
ハイキューでは、いわゆる普通キャラにもスポットが当たります。
普通キャラだから、凡人キャラだからこそ、読者との距離が近く、心に響く場面もたくさんあります。
高校野球を見ていてもそうです。
何となく、初めから勝っているチームよりも負けているチームの方を応援したくなりませんか?
それと似たような感覚です。
チート並みの能力を持つキャラよりも人間味があって私達に近い、そんなキャラに親近感が湧くのはそれ程、不思議なことではありません。
そして、彼らの心情がリアルに描かれているところにも大変共感を得ます。
ハイキューを読みながら「がんばれ!勝て!」という想いが湧く一方で、同時に「分かる」という想いもこみ上げてきます。
脇役にもスポットが当たるからこそ、「共感」という部分で読者を引き付けるのではないかと思います。
それでも、やはり、高校生達の泥臭い気もするけれど、勝ちにこだわり、真っ直ぐに夢を追う姿に心打たれる作品です。