漫画全巻セットの買取は得なのか?

前回、万歩書店の記事を書いていて、ちょっと前の話ですが大手古本屋の店舗で買い取り依頼をした時のことを思い出しました。

それまで買い集めた漫画が大量にあり、保管場所にも困るようになったので、古本屋に売ることに決めたのです。

古本屋での中古の本の買い取りは非常に安いことは知っていたのですが、全巻セットなどもあるので、すこしはいいかも、と思いながらもあまり期待しないで持参しました。

漫画がほとんどでしたが、その中に高校生のときにほとんど使わなかった辞書のほか、単行本、小説などもありました。

その中で、一番高く買い取りしてもらったのは、「自分を愛して!-病気と不調があなたに伝える<からだ>からのメッセージ」という、スピリチュアル版・家庭の医学という副題のついた本でした。
定価2,000円ほどの本が500円で買い取ってもらえました。

辞書については、新明解国語辞典が500円、その他の英和辞典は30円、古語辞典は70円という結果でした。

持ち込んだ本のほとんどを占める漫画については、全巻まとまっているものでも、あくまでも1冊毎の買い取り価格での査定で、多くが1冊5円~10円という買い取り価格だったので、ちょっと残念でした。

これなら少々手間がかかっても、ヤフオクで全巻セットとして売るほうが良かったかなぁ、とも思いました。

今回売った古本屋での漫画全巻セットの買取価格は、得か損かと言えば、損かもしれません。

でも、内容的には、「銀魂」「スケットダンス」「バクマン。」「鋼の錬金術師」など、比較的古くて、メジャーで流通数も多く、そもそも少額でも買ってもらえるだけでも良かったのかもしれません。

持参した本の数は全部で250冊。これで買い取り金額は5,000円ちょっとでした。

古本屋に不要な本の買い取りをしてもらったおかげで、5,000円もらえて、250冊分の収納スペースが空いたので、結果的には満足しました。
漫画や本がたまるとホコリも溜まりやすくて、お掃除も大変です。

そうは言っても、いざ手放すとなると未練が残るものもあるものです。買い取り金額もこのように少額なことが多いので、さらにもったいないという意識が働いてしまいます。

ですが、スペース確保などプラスになる面もあるので、読んでしまった本や漫画は買い取りで処分するというのもなかなか良い選択肢だと思います。

めんどうでなければ、漫画の全巻セットなどは、自分でヤフオクやフリーマーケットなどで販売することも検討すると良いのですが、ものによっては、今回の我が家の漫画のように、すでにヤフオクなどでもたくさんの方が出品しているのに入札があまりないものもあるので、数回出品してみてダメなら買い取りに出す、という方法でも良いのではないかと思います。
フリーマーケットでも、相場より安く売っても、古本屋より高く売れることもあるかもしれません。

調べてみると、漫画全巻セットで売るとボーナスがつくと謳っているネットショップなどもありました。
http://漫画買取価格比較.net/

全巻セットや最新刊セットを持っている場合、そういうお店で売れば後悔がなさそうですね。

今回の買い取り金額5,000円。
投資金額に比べれば、かなり小さなお小遣いですが、その時は買取に出したおかげで結果的に部屋がすっきりしたので満足できました。