蟲師

素朴な絵柄にノスタルジックな雰囲気、普段あまり使わない感情を呼び起こされるような物語で、いつまでも色褪せない作品があります。 世界観は作者曰く「鎖国を続けた日本」もしくは「江戸期と明治期の間にある架空の時代」だそうで、作中に広がる景色には帰郷したような懐かしさを感じます。 「蟲」が引き起こす様々な現象に、その知識で向かい合うことを生業とした「蟲師」。蟲といっても昆虫のような虫ではなく、それは動物でも植物でもない命の源流に近い不思議な生命体です。その姿は見えない人の方が多く、それでもそこに住む生き物たちに様... Read More